クリクラを赤ちゃんのミルクを使っている家の口コミと評価

MENU

赤ちゃんのミルクに使用する水は軟水?硬水?クリクラはどっち?

クリクラは飲みやすい軟水です。

 

ただ、不純物や化学物質、菌やウイルス、そして雑味を最新のフィルターを使って
濾過して、

 

少量のミネラルがバランスよく配合されています。

 

クリクラは軟水硬水どっち

 

我が家では赤ちゃんミルクにクリクラ使っています

クリクラの評判

 

>>クリクラの口コミと評判<<

 

 

 

赤ちゃんのミルクには軟水が良いのか硬水が良いのか?適切な硬度数値は?

 

ご存知だとは思いますが、
ミネラルウォーターは、それぞれの商品によって硬度が異なります。

 

水の硬度は、
成分として含まれているマグネシウムイオン、カルシウムイオンのバランスによって決まります。

 

日本人の口に合うのは、軟水であると言われています。
まろやかで飲みやすい口当たりがとても人気があります。

 

赤ちゃんのミルクにも同様に、硬水よりも軟水の方が適しています。

 

硬水は、軟水に比べると飲みにくいと感じる人が沢山います。
冷やして飲むと、飲みやすくなる点も特徴です。

 

軟水は、市販のミネラルウォーターを利用する事が一般的ですが、
成分のバランスや安全性なども考慮して、信頼できるものを選びたいですね。

 

特に赤ちゃんのミルクとして使用するものには、最適のものが好ましいです。
ミネラルも赤ちゃんの場合、硬水を過剰に摂取をすることもよくありません。

 

丁度よいバランスで含まれたものが好ましい為に、軟水の方が適しているのです。
硬水と軟水にはそれぞれ特徴がありますので、
使い方によっては硬水の方がメリットがある場合もあります。

 

 

それでは赤ちゃんのミルクにはどちらがおすすめ?

 

赤ちゃんのミルクに使うのは、軟水の硬度30度ぐらいのものが適しているといわれています。
硬水に比べるととても飲みやすい点が、ミルクにも最適なのです。

 

軟水は赤ちゃんのミルクの他には、お料理で使うとその特徴を生かす事が出来ます。
出汁をとったり、コーヒーを入れるときは、味がまろやかになり、うまみも増加します。

 

そして出汁やコーヒーのように香りが大切なものにも、軟水を使うことで引き立たせる作用があります。

 

硬水がおすすめの場合

 

硬水は軟水に比べると、ミネラルが多く含まれています。

 

そのためにダイエット中の人が栄養バランスをとる時にはとても効果的になります。
スポーツをするときも、健康飲料として汗で失ったミネラルを補給する効果がありますので、
軟水よりも硬水の方が運動をする人には向いています。

 

このようにそれぞれのメリットを生かすことで、使用用途を変えることが出来ますが、
市販のミネラルウォーターを選ぶ場合は、自分の目的にあったものを見つけることが大切ですね。