クリクラを赤ちゃんのミルクを使っている家の口コミと評価

MENU

赤ちゃんがミルクを飲まない時の理由と対処方法

赤ちゃんがミルクを飲まないときの理由と対処法

 

いつも元気にミルクを飲んでいた赤ちゃんが、突然ミルクを飲まなくなってしまったらとても心配になります。その場合にはどのような対処をしたら良いのか、そして飲まなくなる理由にはどのようなことが考えられるのでしょうか。

 

初めての育児の場合は、心配になる疑問が沢山あります。特にミ赤ちゃんがミルクを飲まなくなってしまった場合は、とても不安になります。まず考えられる事は体調が悪い事です。生後6ヶ月を過ぎると、それまで免疫力があった赤ちゃんも病気になる可能性があります。発熱などがないかどうかチェックしてみましょう。ほかには単にお腹が一杯で飲みたがらない、もしくはミルクの温度が高すぎる事や冷たすぎるなどことも原因になります。粉ミルクの場合は、その商品の味が気にいらなくて飲まないこともあります。そして、使っている哺乳瓶の乳首があわない事なども原因として考えられますので、新しいものと交換してみましょう。新米のママやパパによくあるのが、ミルクの飲ませ方が下手で赤ちゃんがミルクを飲まない場合もあります。

 

赤ちゃんがミルクを飲まなくなってしまった場合、まず気をつけないといけないことは体が脱水症状をおこさないように、十分な水分を与える事です。白湯などを与えて、水分補給をしましょう。ミルクは生後1歳になる頃までは必要になります。ミルクの量は体の成長に合わせても変化していきますので、離乳食などでしっかり栄養を摂っている場合には、さほどミルクの量は気にしなくても良いでしょう。しかし新生児の場合などは突然ミルクを飲まなくなり、体重も増えていかない時は、医療機関に行く事をオススメします。何日も飲まない日が続いてしまうと心配になりますよね。ミルクの量は個人差がありますので、飲まない日があっても、元気で体重が増加していれば安心です。