クリクラを赤ちゃんのミルクを使っている家の口コミと評価

MENU

赤ちゃんがミルクを吐く時の対処方法は?

赤ちゃんがミルクを吐く時の対処方法

 

ミルクを吐く理由と原因

 

赤ちゃんにミルクを飲ませた後、吐いてしまう場合がよくあります。

 

 

ミルク吐くのが心配

 

これは粉ミルクでも母乳でも同様です。生後3ヶ月ぐらいまでは、赤ちゃんの胃がまっすぐになっているために、吐きやすい状態になっています。

 

その為、ミルクを飲みすぎた後に吐いてしまうのです。
吐く理由の約9割以上が、この飲みすぎが原因になっています。

 

初めての新米ママの場合は、赤ちゃんが病気なのではないか、とても不安になりますよね。

 

吐いたときの対処法としては、口の中を綺麗にしてあげる事と、そして洋服もすぐに綺麗なものに換えてあげましょう。

 

母乳の場合は赤ちゃんが飲んでいる量が分からない為に、飲ませすぎてしまうことがよくあります。
そして添い乳をしてゲップをさせるのを忘れてしまった場合など、吐かない様にする工夫が必要です。

 

 

赤ちゃんに粉ミルクを飲ませている場合は、母乳に比べると吐く事が少なくなります。 
それは飲ませている量が分かるために、調節がしやすいのです。

 

しかしそれでも吐く赤ちゃんはいますので、必ずミルクの後に、ゲップをさせる事が吐かない様にする工夫です。

 

ミルクの飲み方もその子によって特徴があります。急いで飲んでしまう赤ちゃんは、一緒に空気を飲んでしまうこともありますので、ゲップをしやすくなってます。

 

そして月齢によっては、平均よりも体の小さい赤ちゃんもいますので、与える粉ミルクの量も調節すると良いでしょう。

 

ミルクを吐かないための対処は、飲ませすぎに注意をすることです。1回に15分程度の授乳を目安にして見ましょう。

 

赤ちゃんがミルクを吐かないようにする工夫

 

授乳をする時間を決める事が必要です。
特に母乳の場合は、時間を決めて途中で終わらせる事も方法の一つです。

 

そしてミルクの飲みすぎ以外には、病気が原因となる場合もあります。

 

新米のお母さんだと、この病気がどうかの判断が難しくて心配になると思いますが、上記の事を行っても
ミルクを吐く、また、ミルクを飲まないというのが数日続く様であれば、小児科での検診をして下さい。

 

その際には、
ミルクを吐かない様に、対策を行ったことも説明して下さいね。 
生後半年以降になると、お母さんからの免疫力も少なくなってくるために、風邪を引き体調が悪く、ミルクを吐く理由にもなります。

 

具合が悪い時には医療機関に行く事も必要です。
吐いた時の対処法としては、赤ちゃんを横に向かせ、喉につまらないようにする事が必要です。

 

そしてミルク後は、抱っこをして方にタオルをおき、吐いたときの対処法として準備すると良いでしょう。

 

>>赤ちゃんのミルクでも安全なウォーターサーバー<<